<< 四国遍路特別展 愛媛県歴史文化博物館 | main | 四国遍路、巡礼増加、1650億円 >>

正月御影供 60年ぶり復活 4番札所・大日寺

0
    第4番札所・大日寺で、2016年1月3日、弘法大師空海を供養する「正月御影供(みえく)」が60年ぶりに営まれます。

    正月御影供は、真言宗の宗祖である弘法大師に感謝を伝えるとともに、新年に四国遍路を始める人を送り出す行事です。

    大日寺の真鍋名誉住職によると、大日寺では江戸時代中期の1763年ごろに始まり、真鍋名誉住職の祖父の故・戒善(かいぜん)さんが亡くなった1995年頃まで続いていました。

    大師堂にある弘法大師像の修繕と、大師堂の改修工事が終わったことから、お披露目を兼ねての復活となりました。
    四国の他の札所では行われていない行事です。

    正月御影供は、
    4番札所・大日寺(徳島県板野町黒谷)で、
    2016年年1月3日(日)、午後2時から、大師堂にて行われます。

    弘法大師像(高さ約40センチ)と、昼夜の大師が描かれた「両面大師」と呼ばれる2枚の肖像画(いずれも縦2.5メートル、横1.1メートル)を前に、真鍋俊照名誉住職(76歳)が約1時間、読経と法話を行ないます。

    大師堂は、一般公開され、自由に拝観できます。

    (徳島新聞の記事より)


     
    コメント
    コメントする